★★★★★=見るべし!!
            ★★★★☆=なかなかGood!
            ★★★☆☆=見て損はないかな
            ★★☆☆☆=うーーん・・・
            ★☆☆☆☆=とってもヒマで、見るものなかったら・・



   

2007年10月31日

ダーウィンの悪夢/Darwin's Nightmare (2004年 仏・オーストリア・ベルギー)

ひらめきアカデミー賞(ドキュメンタリー部門)ノミネート、その他多数の映画賞受賞

Darwin's nightmare.jpg★★★★★ダーウィンの悪夢/Darwin's nightmare(日本語公式サイトはコチラ)
監督:Hubert Sauper

この作品は、アフリカにあるビクトリア湖を中心に繰り広げられる。ビクトリア湖といえば、淡水湖では、世界第2位を誇るほどの大きなもの。そこには、かつて、「ダーウィン(進化論)の箱庭」と呼ばれた程、様々な生物が生息し、学者や生物学の研究にとっては貴重な場所だった。が・・・そのビクトリア湖にある日、一匹のナイル・パーチが投げ込まれる。いったい誰が?どういう意図で??その結果、ビクトリア湖の生態系は全て崩れてしまう。そして、いつのまにか、ナイル・パーチ産業ができあがり、世界各国へその白身魚は輸出され、ここビクトリア湖周辺もグローバル化の波に飲み込まれる。そんなナイル・パーチを巡り、そこには、見えない問題が様々浮かび上がる。現在、世界で深刻に進んでいる問題の数々、それらの縮図がここにもあった・・・。さて、それはどんな問題なのか?ナイル・パーチ(白身魚)の輸入国日本、それらを買っている日本人にとっても無視はできない。実は、あなたも、世界の問題作りに手をかしていた?!

☆参加中のBlogランキング☆
One Click↓ よろしくお願いします

↓↓↓     ↓↓↓
banner_04.gif & Fc2 blog ranking


[DVDソフト] ダーウィンの悪夢 デラックス版


★映画鑑賞券プレゼント★

お得な情報♪♪映画をみるならコレで♪♪
【TSUTAYA DISCAS】でレンタル
★月額2,079円でDVDが借り放題!!★宅配DVDレンタルサービス
♪映画配信♪
ハリウッド映画から、レアものZ級映画まで!
世界の映画配信サイトならシネマナウ


posted by ゆらら at 04:25| Comment(35) | TrackBack(3) | ドキュメンタリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Manufactured Landscapes (2006年 カナダ)

Manufactured Landscapes.jpg★★★★☆ Manufactured Landscapes

監督:Jennifer Baichwal
出演:Edward Burtynsky
Edward Burtynskyは、世界各国へ周り、製造や産業に関する風景を取り続けている写真家である。そんな彼にかかれば、無機質な物質達は、エっ?!と思う程美しく仕上がってしまう。そんな彼の写真撮りの様子をこの作品では普通に映し出している。そのバックブランドに見え隠れする、工業/製造の発展によって、移り変わる土地の姿がなんとも痛々しい。しかし、ここでは、あえて、それら環境問題について、押し付けがましく問題定義をしなければ、疑問も投げかけない。ただ、映像が迫ってくるだけ。あとは、見ている側がどう感じるか・・のみ。そういう意味で、心に残る映像ばかりだ。美しくも、儚い風景の移り変わり。彼の写真集もお勧めです。

☆参加中のBlogランキング☆
One Click↓ よろしくお願いします

↓↓↓     ↓↓↓
banner_04.gif & Fc2 blog ranking

こんなに製造風景が絵にアートになるなんて・・写真集もお勧めです♪


★映画鑑賞券プレゼント★

お得な情報♪♪映画をみるならコレで♪♪
【TSUTAYA DISCAS】でレンタル
★月額2,079円でDVDが借り放題!!★宅配DVDレンタルサービス
♪映画配信♪
ハリウッド映画から、レアものZ級映画まで!
世界の映画配信サイトならシネマナウ


posted by ゆらら at 03:57| Comment(1) | TrackBack(1) | ドキュメンタリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Control Room (2003年 アメリカ)

★★★★★Control Room(コントロール・ルーム)

監督:Jehane Noujaim
出演:Samir Khader Lt. Josh Rushing
この作品は、つい最近の湾岸戦争前夜から始まるドキュメンタリー映画。メディアがどのようにこの戦争を映し出しているのか?その中でも、アルジャジーラの映し出す映像は、設立以来、多方面に波紋を読んでいる。アラブ系は勿論、西洋諸国からも疎まれる存在のアルジャジーラ。なぜ?この作品で、国のプロパガンダを放送する、各国メディアに挑戦し続けるアルジャジーラの姿を見る事ができる。だからこそ、メディアについて、それを見る人々、プロパガンダetc..様々な事を考えさせられる作品。911のテロ、ビン・ラディンから湾岸戦争に至るまで、それが過ぎ去った今だからこそ、この作品を見ると、なんだか皮肉な後味も残る。過ぎ去った事を、もう一度ここで検証するには、うってつけの作品だ。

☆参加中のBlogランキング☆
One Click↓ よろしくお願いします

↓↓↓     ↓↓↓
banner_04.gif & Fc2 blog ranking



★映画鑑賞券プレゼント★

お得な情報♪♪映画をみるならコレで♪♪
【TSUTAYA DISCAS】でレンタル
★月額2,079円でDVDが借り放題!!★宅配DVDレンタルサービス
♪映画配信♪
ハリウッド映画から、レアものZ級映画まで!
世界の映画配信サイトならシネマナウ

posted by ゆらら at 03:34| Comment(0) | TrackBack(2) | ドキュメンタリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Who Killed the Electric Car? (2006年 アメリカ)

★★★★★ Who Killed the Electric Car?(フー・キルド・ザ・エレクトリック・カー/誰が電気自動車を殺したのか?)

監督:クリス・ペイン
出演:メル・ギブソン他
ナレーション:マーティン・シーン
最近でこそ、みんな真剣にハイブリット・カーや電気自動車の開発etc..環境に優しい物作りを考えているように見える・・・。が、しかし!実は、とうの昔(90年代前半)に、電気自動車は出来上がっていたし、モニターもされ発売まで・・・(その名もEV1 by GM) なのに、当時、どうして普及しなかったのか?そこには、様々な周囲の雑音が。「WHO KILLED THE ELECTRIC CAR?」題名の通り、電気自動車開発に、「待った!」をかけた要因を、この映画では探っている、興味深い作品。

☆参加中のBlogランキング☆
One Click↓ よろしくお願いします

↓↓↓     ↓↓↓
banner_04.gif & Fc2 blog ranking



★映画鑑賞券プレゼント★

お得な情報♪♪映画をみるならコレで♪♪
【TSUTAYA DISCAS】でレンタル
★月額2,079円でDVDが借り放題!!★宅配DVDレンタルサービス
♪映画配信♪
ハリウッド映画から、レアものZ級映画まで!
世界の映画配信サイトならシネマナウ

posted by ゆらら at 02:43| Comment(1) | TrackBack(1) | ドキュメンタリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月21日

Wild Parrots of Telegraph Hill (2003年 アメリカ)

★★★☆☆ Wild Parrots of Telegraph Hill
監督:Judy Irving
出演:Mark Bittner, Judy Irving

アメリカはサンフランシスコ、テレグラフヒル地区に生息する野生のオウム達。南米に多く生息するこのオウム達は、何らかの形でここに住み着くようになった。このテレグラフヒルに住むマークは、彼らに魅せられた1人。オウム達に餌をやり、傷ついた鳥達を保護するなどをしながら、関係を深めてゆく。この作品は、そんなマークの人生と同時に、オウム達との温かな関係を見る事が出来る。人生って捨てたもんじゃない、そんな気持ちにになれる作品だ。

ストーリー:
60年代のサンフランシスコ、ビート・ジェネーレーションの集まるCity Lights Bookstoreが賑わい、その時代が過ぎればヒッピーと、ここは、様々なムーブメントを起こしながら、いつも活気づく街。ミュージシャンを目指すべく移り住んだマークは、その時代を一緒に生きた一人だ。しかし、マークの夢は、とうとう叶わず、だからといって、他にやりたい事もなく・・・いつの間にかホームレス同然になってしまった。しかし、このオウムとの出会いによって、彼の運命は大きく変わってしまう。

オウム達の世話に明け暮れているうちに、いつの間にか、テレグラフヒルになくてはならない存在になっていったのだ。気がつけば、住む所も、食べ物も、この周辺の住人達が支えるようになっていた。そして、彼のオウム一筋が、このテレグラフヒルの野生のオウムを有名にもさせたのだ。

しかし、人生そう上手くいかないものである。彼の住んでいた家の老朽化が進み、修理しなくてはならない状況に至る。結果、それに伴い、マークは出て行かなければならない。離れがたい気持ちを抑えながらも、最後の日もオウム達に餌をやるマークの姿に心が痛む。これが最後になってしまうのか・・・。

と、思いきや、この作品を通して、彼の運命はまた大きく変わる。このドキュメンタリー映画の監督・ジュディとの出会いが、いつの間にか恋愛に発展していたのだ!オウムとお別れしなければいけなかったマークは、この作品を通して生涯の伴侶を見つける事になった。なんとも嬉しい結末。これだから人生は、まったく未知数だと言える。

その後、マークとジュディは他の土地へ移住するが、またこのテレグラフヒルへ戻り、今もオウムに囲まれた生活をしている。マークが再び戻ってきたテレグラフヒルには、以前よりも多くのオウム達が、元気よく、そこかしこを飛び回っている。このままhappily ever afterになってほしい・・・そんな気持ちにさせる作品である。この映画のDVDは、まだ日本では出ていない。しかし、輸入版(英語)を入手することができる。英語が分からなくても、オウム達の鮮やかな色彩が、あなたの心をウキウキとさせてくれるだろう。動物好き(特に鳥)には必須の映画。

☆参加中のBlogランキング☆
One Click↓ よろしくお願いします

↓↓↓     ↓↓↓
banner_04.gif & Fc2 blog ranking

輸入版のDVD(左) & 英語の勉強がてら、本も読んでみよう(右)
 

★映画鑑賞券プレゼント★


お得な情報♪♪映画をみるならコレで♪♪
【TSUTAYA DISCAS】でレンタル
★月額2,079円でDVDが借り放題!!★宅配DVDレンタルサービス
♪映画配信♪
ハリウッド映画から、レアものZ級映画まで!
世界の映画配信サイトならシネマナウ

posted by ゆらら at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ドキュメンタリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月17日

Boys of Baraka (2005年 アメリカ)

★★★★☆ Boys of Baraka (2005)
監督:Heidi Ewing (ハイディ・イーウィング) & Rachel Grady(レイチェル・グラディ)
アメリカ東部・メリーランドのバルティモア。ここのプロジェクト(社会福祉プログラムの1つ:このプロジェクト地区に住んでいるのは低所得者の家族)に住む、黒人の男の子の76%が、高校へ入学できない。この地区は、様々な事件(殺人や薬の売買)が日常茶飯事に起こっている場所であり、子供達の親の中には、薬物依存症や刑務所を出たり入ったりしているケースも少なくない。そんな環境の中で育った子供達。成長していく上で、様々なリスクを抱えている。

そんな中で、毎年、ドロップアウトの可能性が高い12歳前後の男の子20人を、アフリカのケニアにある、Baraka schoolで、2年間学ばせるというプログラムがある。このプログラムに参加した子供達は、どのように変わってゆくのか。彼らは遠くは慣れたアフリカで、勉強だけではなく、様々な事を学んでゆく。

この作品は、まずバルティモアの街で暮らす子供達を取り巻く環境を淡々と映し出す。そんな環境に住む子供達の何人かが、今年もアフリカへと飛び立つ。しかし、残念ながら、この年の子供達は2年ではなく、1年しかアフリカで勉強ができなかった。アフリカの情勢悪化でアメリカ大使館が一時閉鎖。そのため、彼らは、夏休み後に始まる2年目の新学期を、アフリカで過ごす事ができなかったのだ。そんな彼らのその後も映し出されている。

たった1年だけのアフリカ留学になってしまったこの年の子供達。しかし、子供達の変化には注目だ。アメリカに居る時と、アフリカにいった後では明らかに違う。なんといっても、目がイキイキしている。アフリカでの生活は決してラクなものではない。最初は、すごく辛い事がいっぱいだ。でも、次第にそこが、彼らにとって、かけがえのない場所と時間となっていく。たった1年間でも、子供達の心の中には、ここで過ごした日々が刻みこまれているのだろう。そして、その思い出がその後の彼らを支える事となる。この作品を見てると、やはり、かわいい子には旅をさせろ・・なんだなと納得。この作品は、とくに子供を持つ人には必見!

☆参加中のBlogランキング☆
One Click↓ よろしくお願いします

↓↓↓     ↓↓↓
banner_04.gif & Fc2 blog ranking


★映画鑑賞券プレゼント★


お得な情報♪♪映画をみるならコレで♪♪
【TSUTAYA DISCAS】でレンタル
★月額2,079円でDVDが借り放題!!★宅配DVDレンタルサービス
♪映画配信♪
ハリウッド映画から、レアものZ級映画まで!
世界の映画配信サイトならシネマナウ

posted by ゆらら at 01:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ドキュメンタリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月12日

バラカ 〜地球と人類の詩〜/Baraka (1992年 アメリカ)

89m.jpg ★★★★★ バラカ〜地球と人類の詩〜/Baraka
監督:ロン・フリック
出演:24カ国とそこの人々

言葉のない世界からは、沢山の事が学べる。それも、頭で考えたような理論的な事ではなくて、身体を通して感情にダイレクトに伝わる。ロン・フリック監督による、バラカ 〜地球と人類の詩〜は、そんなふうに、心と身体で吸収できる作品だ。

この作品は、哲学書「神話の力」をベースに、人々が自然とともに歩んだ姿を現している。ダイアログ・言葉は一切なく、映像のみが淡々と続く。その映像は、24カ国で撮影された、様々な宗教とその儀式、その他、人種・文化などといった人々の生活環境、それも古代遺跡から現代社会までを映し出している。それらをとりまく自然環境は実に美しい。ここにあげた全ての調和・不調和な世界の現象、人と物が、美しい音の旋律と共に描かれている作品だ。

その他に、この作品では、自然との共存、環境問題、そして様々な文化での視点を、私達の目の前に提示し、感情を強く揺さぶる。言葉のない作品だけに、そして、言葉で表すのは難しいものが世界には多いだけに、それらイメージ全てが、強く心にしみ込んでくる・・・。静かな作品だが、とってもパワフルな内容だ。

そんな映像の中に、日本人がハっとさせられるシーンも沢山ある。例えば、日本のJR線の朝のラッシュらしき映像と、ぎゅうぎゅう詰めになったヒヨコがベルトコンベアーの上を移動している、といった映像の組み合わせ。これを見ると、日本にある”普通”だと思っている”暮らし”そのものを、考えさせられる。

映画を通して、色んな感情が心に沸き、様々な事が、頭の中に次から次へと浮かぶ。見終わった後は、しばらく動けなくなる。ここで感じたことを、整理する時間は必要だ。そういう意味で、言葉による理論的な分析や作品に対する感想は後からやってくるのだろう。

この作品は、以前、友人に勧められ見た、Ashes and Snowの映像を思い出す。こちらの映像も、この「バラカ」同様、かなりインパクトのあるもの。かなりお勧めだ。こちらの映像は、現在、東京のお台場で展覧会をやっているので、これも今なら見る事ができる。
るんるん詳しくはこちらまでAshes and Snow エキシビジョン@ノマディック美術館 in 東京・お台場 (3/11/2007-6/24/2007)

最近、何も感じない・・・というあなた!これを見て、心をどんどん解放してみよう。

☆Blogランキングに参加中☆
One Click↓ よろしくお願いします

↓↓↓     ↓↓↓
banner_04.gif & Fc2 blog ranking
★映画鑑賞券プレゼント★

DVD(左)& サントラ(右)もお勧め♪
 


お得な情報♪♪映画をみるならコレで♪♪
【TSUTAYA DISCAS】でレンタル
★月額2,079円でDVDが借り放題!!★宅配DVDレンタルサービス

♪映画配信♪
ハリウッド映画から、レアものZ級映画まで!
世界の映画配信サイトならシネマナウ


posted by ゆらら at 06:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ドキュメンタリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月29日

チョムスキーとメディア マニュファクチャリング・コンセント / Manufacturing Consent (1992年 カナダ)

★★★★☆ チョムスキーとメディア マニュファクチャリング・コンセント/ Manufacturing Consent
監督:Mark Achbar and Peter Wintonick
出演:ノーム・チョムスキー 他

この作品は、言語学者で知識人、そして政治活動家でもあるノーム・チョムスキーの原作をもとに作られたドキュメンタリー。カンボジアと東ティモールで起こった集団虐殺を軸に、NY timesでは、どのように書かれていたのかを検証。アメリカを舞台に流される情報、又はプロパガンダ。政治とメディアの関係性がよく見えてくる作品だ。メディアを信じるということは、政治に操られてしまう・・・そんなところなのかもしれない。

ここでは、アメリカの問題を扱っているが、多かれ少なかれ、どこの国も似たようなものだろう。情報が発達した今、どの情報を取り入れるかは自分の選択にまかされている。ネットを使えば、様々な国のメディア情報をも、オンタイムで得る事ができる。これで、私達、一般市民は自国のメディア・コントロールから抜け出せるのだろうか?それとも、情報量の多さに戸惑うだけなのか・・・。

まったく、真実とはあってないようなものかもしれない。これだけ沢山の人がいるんだから、1つの出来事を、それぞれが違った角度で見るからだ。でも、人は知らず知らずに、何かを選択している。まずは、そこに気がつくのが重要なのかもしれない。そして、違った物の見方にも多く触れ、慣れる必要があるだろう。

この作品は他に、チョムスキーの考え方だけでなく、チョムスキー反対派の意見も登場し、そこがまたイイ。政治とメディアの多様な面を見る事ができるだろう。ただ、ここでも、いろんな意見が登場するので、これを見て、どの情報を取り入れるは、やはり、あなたの選択によるだろう。


☆参加中のBlogランキング☆
One Click↓ よろしくお願いします


banner_04.gif

DVDは左、そして右以下はお勧め図書!これで、あなたもチョムスキーから学ぼう!
 
こちらの本も必見!


★映画鑑賞券プレゼント★


お得な情報♪♪映画をみるならコレで♪♪
【TSUTAYA DISCAS】でレンタル
★月額2,079円でDVDが借り放題!!★宅配DVDレンタルサービス

♪映画配信♪
〜観にいく映画から持ち歩く映画へ〜「CinemaNow Japan」
全ての映画が見放題!キャンペーン実施中 今ならたったの980円/月!
posted by ゆらら at 06:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ドキュメンタリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月21日

フォッグ・オブ・ウォー マクナマラ元米国防長官の告白/The Fog of War (2003年 アメリカ)

★★★★★ フォッグ・オブ・ウォー マクナマラ元米国防長官の告白/The Fog of War
監督・製作: エロール・モリス
出演:元米国防長官ロバート・S・マクナマラ

ひらめきアカデミー・長編ドキュメンタリー賞受賞作品
これは、一度みるべきドキュメンタリー映画!

第一次大戦から始まって、70年代のベトナム戦争まで、アメリカはどのような動きをしてきたのか。ケネディとジョンソン、二人の大統領下で国防長官を務めたロバート・マクナマラが、自分の経験をもとに、11の教訓を語る。そんな彼のインタビューから、今までの戦争とその時代の裏・表が見えてくると同時に、これからどうしたらよいのかも考えさせられる作品だ。やはり、経験者は語る・・・マクナマラから学ぶ事は、まだまだ沢山あるだろう。

☆参加中のBlogランキング☆
One Click↓ よろしくお願いします

Fc2 blog ranking


★映画鑑賞券プレゼント★


お得な情報♪♪映画をみるならコレで♪♪
【TSUTAYA DISCAS】でレンタル
★月額2,079円でDVDが借り放題!!★宅配DVDレンタルサービス
♪映画配信♪
〜観にいく映画から持ち歩く映画へ〜「CinemaNow Japan」
全ての映画が見放題!キャンペーン実施中 今ならたったの980円/月!
posted by ゆらら at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ドキュメンタリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月19日

スーパー・サイズ・ミー/Super Size Me(2004年 アメリカ)

★★★★☆ スーパーサイズ・ミー/Super Size Me
監督:モーガン・スパーロック
出演:モーガン・スパーロック
マクドナルドで朝・昼・夕と一日3回食べ続けたら、いったい私達の身体は、どうなってしまうのだろう? この映画をみると、本当に怖い。食生活にはきをつけなければいけないという事を実感させられると同時に、ファースト・フードの裏も見えてくる作品。ボーナス・トラックの実験はさらに怖い・・(マックのポテトは何日置いても腐らない。と、いうことは・・?!)あなたの食生活、大丈夫ですか?
これを見て、今一度、じっくり”食”に関して考えてみよう。

☆参加中のBlogランキング☆
One Click↓ よろしくお願いします

banner_04.gif

DVDとこの映画のテーマをさらに深く掘り下げ書かれた本(右)
 

★★★食に関してもっと読む(お勧め書籍)★★★
 

  


お得な情報♪♪
★映画鑑賞券プレゼント★
映画をみるならコレで♪♪
【TSUTAYA DISCAS】でレンタル
★月額2,079円でDVDが借り放題!!★宅配DVDレンタルサービス

♪映画配信♪
〜観にいく映画から持ち歩く映画へ〜「CinemaNow Japan」
全ての映画が見放題!キャンペーン実施中 今ならたったの980円/月!
posted by ゆらら at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ドキュメンタリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月17日

ボウリング・フォー・コロンバイン/Bowling for Columbine (2002年 アメリカ)

 
DVD(左) & お勧め本(右)

★★★★★ ボウリング・フォー・コロンバイン
監督 マイケル・ムーア
出演:マイケル・ムーア、マリリン・マンソン、ジョージ・W・ブッシュ、ディック・クラーク、チャールトン・ヘストン

ひらめきアカデミー賞/ベスト・ドキュメンタリー賞受賞作品
1999年にコロラド州のコロンバイン高校で、学生による銃乱射事件が起こった。12名の生徒と教師1人が殺害され、全米に衝撃を巻き起こした事件。偶然なのか、計画的なのか、この事件当日、アメリカは、コソボへの大爆撃を行った。なぜこんなにもアメリカは暴力に満ちているのか?物語は、コロンバイン高校で起こった事件と、全米で合法とされる拳銃所持という大きな二つのテーマを軸に、アメリカの歴史と文化、そして国民性を探ってゆく。

色んな角度から、上にあげた二つのテーマを結びつけているのが面白い。例えば、お隣のカナダでは、アメリカ同様、銃は合法、失業率はアメリカより上回り、そして様々な人種もいる。しかし、カナダでの拳銃による殺害事件は実に低い。いったい、お隣の国と何が違うのか?アメリカ国民は何を恐れ、そして、何から自分を守ろうとしているのか・・・そうした国民の”恐怖”の裏側には、情報操作という陰がつきまとう。

この映画の中に出てくる”恐怖”というのはキー・ポイントだ。ネイティブからのアメリカの略奪、200年続いた奴隷制度の歴史から、全米ライフル協会(NRA)の成り立ちや、アメリカの世界への軍事介入、そして軍需産業まで、様々な要因をうまく1つにまとめている。

内容はかなり充実したものになっている。なおかつ、さずがはマイケル・ムーア、濃く・深い内容にもかかわらず、重くなく、エンタイテーメント性をも忘れていない。あぁ、こんなドキュメンタリーがあったんだ!と、思わせてくる作品でもあり、あいかわらず、マイケル・ムーアの行動力には頭が下がった。これは、見なきゃ損!な映画である。

☆参加中のBlogランキング☆
One Click↓ よろしくお願いします


Fc2 blog ranking

★映画鑑賞券プレゼント★

お得な情報♪♪映画をみるならコレで♪♪
【TSUTAYA DISCAS】でレンタル
★月額2,079円でDVDが借り放題!!★宅配DVDレンタルサービス

♪映画配信♪
〜観にいく映画から持ち歩く映画へ〜「CinemaNow Japan」
全ての映画が見放題!キャンペーン実施中 今ならたったの980円/月!
posted by ゆらら at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ドキュメンタリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月15日

プロミス/Promise (2002年 アメリカ)

★★★★★ プロミス
監督:ジャスティン・シャビロ, B.Z.ゴールドバーグ, カルロス・ボラード
出演:B.Z.ゴールドバーグ、イスラエル・パレスチナ7人の子供達

まず、一言・・・・すごくパワフルな映画だ!
イスラエル、そしてパレスチナの子供達。たった20分しか離れていないのに、まったく違う場所・環境で暮らしている。B.Z(イスラエル系アメリカ人)を通して、近くて遠い場所に住む子供達が交流してゆく姿が映し出されている。それは、果たして和平に繋がるのか。

この映画を通して、どれほど人がステレオタイプをもっていて、そしてまたそのステレオタイプが、いかにメディア他、様々な情報に操作されているかも見えてくる。個人を通して知り合えば、こんなにも理解できる・・というのにだ。お互いに違った考えをもっても、仲良くなれる。世の中の紛争や民族間の争い、それに伴う憎悪は、誰かに操作されているかもしれない。

余談だが、米国で発売されているDVDのボーナスには、数年後の経過の様子を見る事ができる。それをみると、それぞれの子供達がどうのように成長してゆくかも見え、そして、彼らの成長と共に、思想の変化も映し出されている。

あんなに仲良くなることを願っていた子供が軍隊にはいってから変わってしまったり。現実問題、難しい事をしって、もう見たくないといった感じだろうが・・。その逆に、あの頃感じた希望を持ち続けている子供もいたりと様々だ。隣人を愛する事がシンプルなようで、複雑な世の中、国の体制と、そして情報というものも考えさせられる作品。

★映画鑑賞券プレゼント★


☆参加中のBlogランキング☆
One Click↓ よろしくお願いします


banner_04.gif & Fc2 blog ranking



お得な情報♪♪映画をみるならコレで♪♪
【TSUTAYA DISCAS】でレンタル
★月額2,079円でDVDが借り放題!!★宅配DVDレンタルサービス

♪映画配信♪
〜観にいく映画から持ち歩く映画へ〜「CinemaNow Japan」
全ての映画が見放題!キャンペーン実施中 今ならたったの980円/月!
posted by ゆらら at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ドキュメンタリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Born into Brothel/売春窟に生まれて(インド・アメリカ 2004年)

★★★★★Born into Brothel
監督:Zana Briski, Ross Kauffman
出演:カルカッタの8人の子供達

公式ウェブサイト:Kids with Camera
ひらめき第77回アカデミー・ベスト・ドキュメンタリー映画賞に輝き、その他世界30カ国で映画賞を受賞した作品。このような素晴らしい作品が、日本語字幕で映画公開、DVD発売されていないのが残念でならない・・・。

写真家Zanaは、インドはカルカッタの売春窟で、子供達の為に写真のクラスを開く。そこに集まった8人の子供達。彼らは写真に夢中になってゆく。写真を通してZanaは、彼らとの関係を時間をかけながら築いてゆく。そんな中、それぞれが将来の夢を語り、くったくなく笑う。その中には、現実の状況を感じ、どこか諦めている子供もいたりと様々だ。そんな子供達の希望や絶望、様々な気持ちが、映画を通して透けて見えてくる。なんとか、彼らの人生の選択を広げる事はできないのか?Zanaは真剣に考え始める・・・。

この作品を通して、インドのカルカッタ売春窟の様子、そこで生まれ育った子供達の現状などがよく見えてくる。インドのカルカッタといえば、ネパール、バングラディッシュから人身売買によって売られてくる子供達も沢山いるという場所。そこで生まれ育った子供達は、無邪気に笑いながら、自分の置かれた状況・運命を受け入れていくだけしかないのか・・・色々と考えさせられる作品である。

しかし、そんな中でも、この子供達の素直さ、そして、彼らの無限の可能性をこの作品に見ることができ、希望も湧く。どんな環境に生まれても、周りの大人の導き、仲間に支えられるということ、そして何よりも子供自身が無条件に受け入れられるという体験が、沢山の可能性を生み出す。それは、まさしく生きる力。そういうものがあったからこそ、子供達自身が自ら選んで進む力を付けてゆく、そんな気がした。かなりお勧めの作品。

★映画鑑賞券プレゼント★


☆参加中のBlogランキング☆
One Click↓ よろしくお願いします


banner_04.gif & Fc2 blog ranking


この映画を見たら、音楽も忘れられなくなるほど印象的!
サントラもお勧めです!(左)、写真集(子供達の撮った写真は◎/中央)、DVD (英語only/右)
  

お得な情報♪♪映画をみるならコレで♪♪
【TSUTAYA DISCAS】でレンタル
★月額2,079円でDVDが借り放題!!★宅配DVDレンタルサービス

♪映画配信♪
〜観にいく映画から持ち歩く映画へ〜「CinemaNow Japan」
全ての映画が見放題!キャンペーン実施中 今ならたったの980円/月!
posted by ゆらら at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ドキュメンタリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月13日

ザ・コーポレーション/The Corperation (カナダ 2004)

★★★★★ザ・コーポレーション(カナダ 2004)
監督:マーク・アクバー、ジェニファー・アボット

時は、産業革命にさかのぼる。この映画は、企業がどのようにして富を築いてきたかなどの歴史的背景、そして、その企業がグローバライゼーションによって、様々な国に進出し、どのような問題を生み出していったかを、企業を1人の人物に例えて、その人物の行動を心理学でいう”精神疾患診断マニュアルDSM”を基準に、分析してゆく。この”企業”という人物、どんな精神疾患があるのか・・・。
続きを読む
posted by ゆらら at 02:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ドキュメンタリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。