★★★★★=見るべし!!
            ★★★★☆=なかなかGood!
            ★★★☆☆=見て損はないかな
            ★★☆☆☆=うーーん・・・
            ★☆☆☆☆=とってもヒマで、見るものなかったら・・



   

2007年04月12日

バラカ 〜地球と人類の詩〜/Baraka (1992年 アメリカ)

89m.jpg ★★★★★ バラカ〜地球と人類の詩〜/Baraka
監督:ロン・フリック
出演:24カ国とそこの人々

言葉のない世界からは、沢山の事が学べる。それも、頭で考えたような理論的な事ではなくて、身体を通して感情にダイレクトに伝わる。ロン・フリック監督による、バラカ 〜地球と人類の詩〜は、そんなふうに、心と身体で吸収できる作品だ。

この作品は、哲学書「神話の力」をベースに、人々が自然とともに歩んだ姿を現している。ダイアログ・言葉は一切なく、映像のみが淡々と続く。その映像は、24カ国で撮影された、様々な宗教とその儀式、その他、人種・文化などといった人々の生活環境、それも古代遺跡から現代社会までを映し出している。それらをとりまく自然環境は実に美しい。ここにあげた全ての調和・不調和な世界の現象、人と物が、美しい音の旋律と共に描かれている作品だ。

その他に、この作品では、自然との共存、環境問題、そして様々な文化での視点を、私達の目の前に提示し、感情を強く揺さぶる。言葉のない作品だけに、そして、言葉で表すのは難しいものが世界には多いだけに、それらイメージ全てが、強く心にしみ込んでくる・・・。静かな作品だが、とってもパワフルな内容だ。

そんな映像の中に、日本人がハっとさせられるシーンも沢山ある。例えば、日本のJR線の朝のラッシュらしき映像と、ぎゅうぎゅう詰めになったヒヨコがベルトコンベアーの上を移動している、といった映像の組み合わせ。これを見ると、日本にある”普通”だと思っている”暮らし”そのものを、考えさせられる。

映画を通して、色んな感情が心に沸き、様々な事が、頭の中に次から次へと浮かぶ。見終わった後は、しばらく動けなくなる。ここで感じたことを、整理する時間は必要だ。そういう意味で、言葉による理論的な分析や作品に対する感想は後からやってくるのだろう。

この作品は、以前、友人に勧められ見た、Ashes and Snowの映像を思い出す。こちらの映像も、この「バラカ」同様、かなりインパクトのあるもの。かなりお勧めだ。こちらの映像は、現在、東京のお台場で展覧会をやっているので、これも今なら見る事ができる。
るんるん詳しくはこちらまでAshes and Snow エキシビジョン@ノマディック美術館 in 東京・お台場 (3/11/2007-6/24/2007)

最近、何も感じない・・・というあなた!これを見て、心をどんどん解放してみよう。

☆Blogランキングに参加中☆
One Click↓ よろしくお願いします

↓↓↓     ↓↓↓
banner_04.gif & Fc2 blog ranking
★映画鑑賞券プレゼント★

DVD(左)& サントラ(右)もお勧め♪
 


お得な情報♪♪映画をみるならコレで♪♪
【TSUTAYA DISCAS】でレンタル
★月額2,079円でDVDが借り放題!!★宅配DVDレンタルサービス

♪映画配信♪
ハリウッド映画から、レアものZ級映画まで!
世界の映画配信サイトならシネマナウ


posted by ゆらら at 06:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ドキュメンタリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月11日

旅人とマジシャン/Travellers and Magicians (2003年 ブータン)

200px-Travellers_and_Magicians_movie.jpg★★★★★ 旅人とマジシャン/Travellers and Magicians
監督:ケンツェ・ノルブ (Khyentse Norbu)
出演:Tshewang Dendup, Lhakpa Dorji, Sonam Lhamo, Sonam Kinga, Deki Yangzom

「ザ・カップ/夢のアンテナ」に続くケンツェ・ノルブ監督の作品。アメリカへ憧れを抱き、遂にはアメリカ行きを決断する主人公。長年、住み慣れた村をでていく事になるが、旅の途中で出会う僧の話すブータンの昔話と、途中出会う少女との関係によって、彼の心は少しずつ変わってゆく。

旅と同時進行するブータンの昔話を聞いていると、映画を見ている私達も主人公と一緒に大切なものを発見することができる。幸せとは、こんなものなのかもしれない、と感じる事のできる作品。神秘的なブータンの山々が、何かを語りかけてくれるような・・不思議かつ、心温まるストーリーだ。

今、幸せを探しているあなた、そして、何が自分にとって大切なのか分からなくなって、迷路に迷いこんでるあなた!お勧めの1作です・・・が、とっても残念なことに、2007年4月現在、まだ日本ではDVDが発売していない模様。なぜ、こういう良い映画が出ていないのかが不思議になってしまう。日本にこそ、こんな映画が必要だと思うのだが・・・。

☆参加中のBlogランキング☆
One Click↓ よろしくお願いします

↓↓↓     ↓↓↓
banner_04.gif & Fc2 blog ranking

★映画鑑賞券プレゼント★


お得な情報♪♪映画をみるならコレで♪♪
【TSUTAYA DISCAS】でレンタル
★月額2,079円でDVDが借り放題!!★宅配DVDレンタルサービス
♪映画配信♪

ハリウッド映画から、レアものZ級映画まで!

世界の映画配信サイトならシネマナウ



posted by ゆらら at 07:58| Comment(0) | TrackBack(0) | アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月10日

フラガール/Hula Girl (2006年 日本)

★★★★☆ フラガール/Hula Girl
監督:李相日
出演:松雪泰子 、 豊川悦司 、 蒼井優 、 山崎静代 、他

昭和40年、100年続いた炭鉱の町・福島県いわき市は、大きな転機を迎えていた。炭坑が下火になり、次々に閉鎖されてゆく中、この町で生まれ育ち、炭坑一筋できた多くの人達が解雇されてゆく。炭坑をこの町からなくしてしまえば、多くの人達の行き場がなくなる。そこで、一大プロジェクトが発動される。それは、日本にハワイを作る事。ハワイアン・センター設立に伴い、東京からダンスの講師を読んで、町でフラダンサーを募集したが・・・

今でもなお健在の常磐ハワイアン・センター。そのセンター設立前後が舞台になった作品。ダンス講師を演じる松雪泰子の、どこか冷め、ふてくされながらも、次第に生徒達をダンサーにしてゆく事に没頭する姿がすごくイイ。そして、まったくの素人のいわき市の女性達。彼女達がメキメキ腕をあげてゆく姿をついつい応援したくなる。

どんな時代も、古い物が去ろうとしている過渡期は、慣れ親しんだ物を手放すことが難しくなる。しかし、生きる為に誰もが必死だ。そんな誰もが試行錯誤の時代。迷いながらも、新しい夢、可能性を作ったフラ・ガールに乾杯♪


☆参加中のBlogランキング☆
One Click↓ よろしくお願いします

↓↓↓     ↓↓↓
banner_04.gif & Fc2 blog ranking

DVD (左)&ハワイアン音楽好きにはサントラplus 1も(右)♪
 
★映画鑑賞券プレゼント★


お得な情報♪♪映画をみるならコレで♪♪
【TSUTAYA DISCAS】でレンタル
★月額2,079円でDVDが借り放題!!★宅配DVDレンタルサービス
♪映画配信♪

ハリウッド映画から、レアものZ級映画まで!

世界の映画配信サイトならシネマナウ

posted by ゆらら at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月09日

ケミカル・シンドローム/SAFE (1995年 アメリカ)

183248.jpg★★★★☆ ケミカル・シンドローム/SAFE
監督:トッド・ヘインズ
出演:ジュリアン・ムーア、ザンダー・バークレー他
80年代、南カリフォルニアに住む、何も不自由なく暮らしている主婦に、突然おそいかかるストレスと不安感・・・。この時代、環境問題なども深刻化、世の中が汚染されているという数々の情報が飛び交う。主人公・キャロル(ジュリアン・ムーア)の見えない不安。それは、いったいなんなのか?

キャロルは気がつくと、環境汚染、汚染の煙、空気など自分をとりまく環境全てが、自分の身体を蝕んでいると強く信じるようになる。その危険から自分を守るため、リトリートに参加した、彼女の行き着く先は?化学物質過敏症を80代アメリカという時代背景と共に、うまく現した作品だ。

カリフォルニア州は、60年代のカウンター・カルチャーから始まって、様々なムーブメントを起こした土地。この映画からもわかるように、80年代ごろから、Deep Ecology、そして自己探究・啓発、自己成長へ人々の関心があつまりました。映画の中のセリフでもわかるように『おーーあなた汗がでないのね、素晴らしわぁ〜』『身体の中の毒素を全てださなければ〜』などなど・・まさに・・カリフォルニアンならではの会話。主人公の不安の原因は、環境による汚染でないことは、次第に明らかになってゆく。

この映画は、ニューエイジな生き方・考え方が、時には、問題の本質を見失わさせる要因となりえる事を提示した作品といえる。セラピーに通い、リトリートやワークショップに、どれだけ参加したところで、自分の不安は消えるのだろうか?それとも、いつのまにか、それらに依存し初め、成長どころか、そこで止まっているということもあり得るのではないのか?そんな、ニューエイジ的な活動を違った角度で映し出している。 

何事も取り組み方・姿勢次第で、プラスになるば、マイナスに転じることもある。セラピー全般に関わっている人、全てにお勧めの作品だ。

☆参加中のBlogランキング☆
One Click↓ よろしくお願いします

↓↓↓    ↓↓↓
banner_04.gif & Fc2 blog ranking

DVDがまだ日本では出ていないようです。下は VHS/日本語字幕

★映画鑑賞券プレゼント★


お得な情報♪♪映画をみるならコレで♪♪
【TSUTAYA DISCAS】でレンタル
★月額2,079円でDVDが借り放題!!★宅配DVDレンタルサービス
♪映画配信♪
ハリウッド映画から、レアものZ級映画まで!
世界の映画配信サイトならシネマナウ

posted by ゆらら at 03:51| Comment(2) | TrackBack(0) | ハリウッド・北米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MUSA-武士- (2001年 韓国)

★★★☆☆ 武士(ムサ)
監督:キム・ソンス
出演:チャン・ツィイー、チョン・ウソン、チュ・ジンモ、アン・ソンギ、ユー・ロングァン

1375年、朝鮮の高麗は明朝と友好関係を築くため、南京城へ使節団を遣わした。しかし、城に辿り着いた使節団はスパイ容疑をかけられ、広大な砂漠地帯へ流刑されてしまう。一行は途中、元軍と遭遇し、彼らに捕らわれていた明のブヨン姫を成り行きで救い出す。しかし、その後、元軍から「姫を渡さなければ、皆殺しにする」と宣告される・・・

明の姫を引き渡せば終わる闘い。誇りのために闘いつづけるのか?それとも、生きて故郷へ帰るために姫を引き渡すのか?それぞれの想いが交錯する中、彼らはひとりの武士として最後の決断を迫られる。

この時代の韓国と中国の関係性が見えかくれするスケールの大きい歴史映画。しかし、見る前にあまりにも期待しすぎるとガックリくる作品でもある(私がそう)。なので、期待は禁物!

☆参加中のBlogランキング☆
One Click↓ よろしくお願いします

↓↓↓    ↓↓↓
banner_04.gif 


★映画鑑賞券プレゼント★


お得な情報♪♪映画をみるならコレで♪♪
【TSUTAYA DISCAS】でレンタル
★月額2,079円でDVDが借り放題!!★宅配DVDレンタルサービス
♪映画配信♪
〜観にいく映画から持ち歩く映画へ〜「CinemaNow Japan」
全ての映画が見放題!キャンペーン実施中 今ならたったの980円/月!
posted by ゆらら at 02:39| Comment(2) | TrackBack(0) | アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月06日

キリング・フィールド/The killing Field (1984年 イギリス)

★★★★★ キリング・フィールド/ The Killing Field
監督 : ローランド・ジョフィ
出演 : サム・ウォーターストン, ハイン・S・ニョール, ジュリアン・サンズ

ひらめきアカデミー賞助演男優賞をハイン・S・ニョールが受賞するなど、他3部門受賞作品。この映画は、1975年4月、クメール・ルージュのプノンペン入城前後から、ピューリッツァー賞を受賞したアメリカのジャーナリスト、シドニー・シャーパーク、そして現地でシドニーの通訳を勤めていたカンボジア人新聞記者・プラン、他数名のジャーナリストの体験をもとに描かれたものだ。

この作品を通して、クメール・ルージュのプノンペン入城前後のカンボジア国内外の情勢や、クメール・ルージュ政権下のカンボジアで、当時、何が起こっていたかを垣間みる事ができる。そんなカンボジアでの2年9ヶ月はまさに毎日眠れないくらい悪夢の日々。彼らの体験を映像を通して見てゆくうちに、次第に自分が彼らの緊張や不安を感じてしまう。この作品を見ている間中、心臓の高鳴りを抑える事ができないくらい、ハラハラのし通しだ。

いったい、カンボジアに残ってしまった記者・プランは、2年9ヶ月の悪夢を乗り切る事ができるのか?カンボジア国外に出る事のできたシドニーとカンボジアに残されたプラン。無事、彼らは再会できるのだろうか?この作品は、その一部始終を語ってくれる。この時代の東南アジア、そしてカンボジアに興味のある人にとって必須の作品。

☆参加中のBlogランキング☆
One Click↓ よろしくお願いします

↓↓↓
Fc2 blog ranking

DVD

 

本を読んでもっと知ろう!
日本人のジャーンリストの体験(左)&2年9ヶ月を生き抜いた少女の記録(右)

 
★映画鑑賞券プレゼント★


お得な情報♪♪映画をみるならコレで♪♪
【TSUTAYA DISCAS】でレンタル
★月額2,079円でDVDが借り放題!!★宅配DVDレンタルサービス
♪映画配信♪
〜観にいく映画から持ち歩く映画へ〜「CinemaNow Japan」
全ての映画が見放題!キャンペーン実施中 今ならたったの980円/月!
posted by ゆらら at 04:15| Comment(1) | TrackBack(0) | ヨーロッパ・その他外国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月04日

アイス・ストーム / The Ice Storm (1997年 アメリカ)

★★★★☆ アイス・ストーム / The Ice Storm
監督 : アン・リー
出演 : シガニー・ウィーバー, ケビン・クライン, クリスティーナ・リッチ、トビー・マグワイア、イライジャ・ウッド

グリーン・デスティニーやブロークバック・マウンテンでおなじみのアン・リー監督作品。60年代を引きずる70年代初頭・アメリカ東海岸・コネチカット郊外。古き良き時代の家族形態を保ちつつも、70年代という大きな波に呑まれた家族の実態はバラバラ。不倫する夫、自由を謳歌する娘に少々嫉妬しながら自分を模索し続ける妻。性に目覚めた娘は近所の男の子を誘惑したりなど、そんな家族の模様を、この作品は、アイス・ストームというクライマックスまで淡々と描き続ける。

この作品は、淡々と過ぎ行く流れの中でも、しっかりと丁寧に登場人物が描かれている。そんな登場人物達の抑え気味な表情が、逆に、彼らの心の中で巻き起こっている葛藤を感じさせる。そして、その様子は、アイス・ストームの一夜をさらに引き立てているのだろう。それと、この作品には、今やかなり有名になっている俳優が多く出演している。まだ若い彼らの演技にも注目だ。(例:ロード・オブ・ザ・リングの小人の少年やスパイダーマンetc...)


☆参加中のBlogランキング☆
One Click↓ よろしくお願いします

↓↓↓
banner_04.gif


★映画鑑賞券プレゼント★


お得な情報♪♪映画をみるならコレで♪♪
【TSUTAYA DISCAS】でレンタル
★月額2,079円でDVDが借り放題!!★宅配DVDレンタルサービス
♪映画配信♪
〜観にいく映画から持ち歩く映画へ〜「CinemaNow Japan」
全ての映画が見放題!キャンペーン実施中 今ならたったの980円/月!
posted by ゆらら at 08:43| Comment(2) | TrackBack(0) | ハリウッド・北米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月31日

下妻物語 / Kamikaze Grils(2004年)

★★★★☆ 下妻物語 / Kamikaze Grils
監督: 中島哲也
出演: 深田恭子, 土屋アンナ, 宮迫博之, 篠原涼子, 樹木希林
茨城県・下妻を舞台に、ロリータファッションに身を包んだ桃子とヤンキー・いちごの友情物語。映画のキャッチフレーズ・「桃子といちごの甘くない友情!?」のごとく、かなーーり辛口。でも、本当の友情ってもしかしてこんなもの?と思わせるから不思議。

好みも興味も全く合わない二人。彼女達の関係は、どんなふうに友情に発展してゆくのか?そこは見物。その他、彼女達を取り巻く他の登場人物がこの映画をもり立てている。いい味を出しているキャラ達だ。そして、さらにこの作品の映像、色彩の鮮やかさが、夢物語のような桃子のロリータファッションにはピッタリ。そんなロリータと、結構、不幸な桃子の生い立ちや、いちごのヤンキーっぷりファッションとが、またミスマッチして面白い。

☆参加中のBlogランキング☆
One Click↓ よろしくお願いします


Fc2 blog ranking

DVD(左)と原作本by 嶽本 野ばら(中央&右)

★映画鑑賞券プレゼント★


お得な情報♪♪映画をみるならコレで♪♪
【TSUTAYA DISCAS】でレンタル
★月額2,079円でDVDが借り放題!!★宅配DVDレンタルサービス
♪映画配信♪
〜観にいく映画から持ち歩く映画へ〜「CinemaNow Japan」
全ての映画が見放題!キャンペーン実施中 今ならたったの980円/月!
posted by ゆらら at 05:36| Comment(0) | TrackBack(1) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月29日

チョムスキーとメディア マニュファクチャリング・コンセント / Manufacturing Consent (1992年 カナダ)

★★★★☆ チョムスキーとメディア マニュファクチャリング・コンセント/ Manufacturing Consent
監督:Mark Achbar and Peter Wintonick
出演:ノーム・チョムスキー 他

この作品は、言語学者で知識人、そして政治活動家でもあるノーム・チョムスキーの原作をもとに作られたドキュメンタリー。カンボジアと東ティモールで起こった集団虐殺を軸に、NY timesでは、どのように書かれていたのかを検証。アメリカを舞台に流される情報、又はプロパガンダ。政治とメディアの関係性がよく見えてくる作品だ。メディアを信じるということは、政治に操られてしまう・・・そんなところなのかもしれない。

ここでは、アメリカの問題を扱っているが、多かれ少なかれ、どこの国も似たようなものだろう。情報が発達した今、どの情報を取り入れるかは自分の選択にまかされている。ネットを使えば、様々な国のメディア情報をも、オンタイムで得る事ができる。これで、私達、一般市民は自国のメディア・コントロールから抜け出せるのだろうか?それとも、情報量の多さに戸惑うだけなのか・・・。

まったく、真実とはあってないようなものかもしれない。これだけ沢山の人がいるんだから、1つの出来事を、それぞれが違った角度で見るからだ。でも、人は知らず知らずに、何かを選択している。まずは、そこに気がつくのが重要なのかもしれない。そして、違った物の見方にも多く触れ、慣れる必要があるだろう。

この作品は他に、チョムスキーの考え方だけでなく、チョムスキー反対派の意見も登場し、そこがまたイイ。政治とメディアの多様な面を見る事ができるだろう。ただ、ここでも、いろんな意見が登場するので、これを見て、どの情報を取り入れるは、やはり、あなたの選択によるだろう。


☆参加中のBlogランキング☆
One Click↓ よろしくお願いします


banner_04.gif

DVDは左、そして右以下はお勧め図書!これで、あなたもチョムスキーから学ぼう!
 
こちらの本も必見!


★映画鑑賞券プレゼント★


お得な情報♪♪映画をみるならコレで♪♪
【TSUTAYA DISCAS】でレンタル
★月額2,079円でDVDが借り放題!!★宅配DVDレンタルサービス

♪映画配信♪
〜観にいく映画から持ち歩く映画へ〜「CinemaNow Japan」
全ての映画が見放題!キャンペーン実施中 今ならたったの980円/月!
posted by ゆらら at 06:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ドキュメンタリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月28日

フリーダ / Frida (2002年 メキシコ)

★★★★☆ フリーダ/Frida
監督: ジュリー・テイモア
出演:サルマ・ハエック, アルフレッド・モリーナ, アントニオ・バンデラス
メキシコの女流画家フリーダ・カーロの半生を描いた作品。18歳の時に起こった不幸な事故をきっかけに、彼女が絵画に目覚め、どのようにして独自の作風を生み出して行ったのだろうか。それは、この作品を見れば彼女を感じる事ができるだろう。

メキシコを代表する大画家ディエゴとの結婚生活から、事故による後遺症の身体・精神的苦悩まで、波瀾万丈な人生の中で生まれた彼女の数々の作品。そこからは、生々しい、脈打つ血の流れさえ感じる。人間臭さが漂う作品。揺れ動く感情の波に揉まれながら、フリーダの衝撃的な傑作は生まれるのだろう。そして、その作品は、忘れられない一品となる。

・・・にしても、サルマ・ハエックのフリーダは、あまりにも本物のフリーダに似ていてビックリ。映像の中の色彩と憂い哀しいミュージックになびくフリーダの美しい衣装に、思わず見入ってしまう作品でもある。

☆参加中のBlogランキング☆
One Click↓ よろしくお願いします

Fc2 blog ranking

DVD(左)、サウンドトラックも、かなりお勧め!(中央)&フリーダについてもっと知りたい人は右の本を
  

★映画鑑賞券プレゼント★


お得な情報♪♪映画をみるならコレで♪♪
【TSUTAYA DISCAS】でレンタル
★月額2,079円でDVDが借り放題!!★宅配DVDレンタルサービス

♪映画配信♪
〜観にいく映画から持ち歩く映画へ〜「CinemaNow Japan」
全ての映画が見放題!キャンペーン実施中 今ならたったの980円/月!
posted by ゆらら at 08:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨーロッパ・その他外国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。